2005年 12月2日  1週間帰省。 

 休暇を消化する為に1週間、帰省

帰省初日、ゼンソクで倒れて運ばれ、一晩点滴を打たれその後寝込む。

なんとか生きてるけど静岡に通院できる医者が無いのがキツイ

2005年 12月3日  ブラケット作り

 帰省前にCADで書いた図面をプリントアウトした紙と、

アルミ板、両面テープ、カッター、ペンチ、ハンドドリル、タップを持って行ったので

寝ながらでも作業が進められた。

(息子にマウントポジションからのストンピングをくらいながら)

1mm程度の板ならカッターで10回くらい切つけて曲げれば折れるように切れる。

 

2005年 12月4日  今日も板金

 リブの部分はたたいて曲げ

万力は幅に合わせて切ってるけどお薦めしない

脚パーツの一部が完成

 

 

2005年 12月6日  メタリックトリコロール

 脚パーツを塗装中! 

会社のコのお父さんが鉄道模型が好きらしく

いつもトイレ(換気扇があるから)に塗装したパーツが並んでるから

ジャマと言っていたのを聞いて早速まねして乾燥中。

 色はいつものメタリックブルーで愛車「Pocke」のタンク補修用に買った

缶スプレーを使用

 

2005年 12月12日  ROBO-ONE

 現時点でROBO-ONEはJクラスと日程が同じみたい、

子供連れてJクラスにも挑戦してみたい。 

今回の目標はガッツリ歩かせること 脚だけなら2台間に合うかな

 

2005年 12月16日  ばんきーん

 板厚(T)は1.0mm

カッターで切る、ヤスリ、タップも切る    手で曲げる       コの字完成

近藤のサーボを使っているなら隊長イトウレイネツ)のブラケットを使えば良いのだけれど

隊長のは斜めになっていてオレの太めのデザインだと干渉するので自作。

 

2005年 12月17日  アーマードタイプ

Jクラスを意識して全身「週間ロボザック」と同じHSR-8498HBで作ろうと思ったけど

今からハイテックの小物パーツをそろえるのも面倒なので 近藤の78xで作る事にする。

 こんなに早くハードができるのは初めて(まだ全2350機が残ってるけど)

配線スッキリさせるセンスがないと悟り、隠す(ついでにサーボも)方向でデザイン

ファイマンTYPE04

超合金世代なせいかモモは短い銀色のユニットでないとロボットって気がしない。

 

 

2005年 12月26日  強肩化

3連休中は休日出勤があったせいもあるけど上半身の増し締め(ネジの締め直し)を始めたら

収拾がつかなくなりこのありさま  剛性を上げるの為に補強用のアングルを切ったり

穴あけやタップ切り(ネジの穴を作ること)で終わった。

マウスベースの頭もマウスじゃなくて新規に作り直そう  

 

 

直線上に配置


  HOME

  2005年   1月 2月 3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月   10月  11月